スマートフォンのアプリ開発はプログラマが活躍できる需要の高い分野であり、スマートフォンの人気の高まりによってその需要も高騰を続けている。
いくつかのOSがある中でも人気の高い一つがandroidであり、それに対応したアプリ開発は主要路線の一つである。
パソコンで使用するソフトウェア開発とは異なり、一つ一つのプログラムの規模が小さいことから個人でも気軽に制作に携われるというメリットがある。
しかし公表されたアプリについて審査も設けられていることから、あまりにも幼稚なものや公序良俗に反するものは認められないという面もある。

また、多数のアプリが存在することから、他のアプリに比べて光る面がなければ人気を獲得できず、発想力や視点の良さが重要視される傾向が強い。
そのため、特定の顧客をターゲットにしたアプリ開発が行われることも多く、女性をターゲットにしたアプリ開発には女性プログラマが望まれる傾向が強い。
プログラマとしての能力もそれほど高いものが要求されないことから、徐々に女性プログラマの人口も増えていている。

androidでのアプリ開発に並んで人気があるのがiOSでのアプリ開発であり、プログラマが相互に転職することがある。
その動機として、自分が利用しているスマートフォンのOSの方が開発にも携わりやすいという面もあれば、人気の高低によってプログラマとして生きながらえるための道を選ぶという面もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です