androidのアプリ開発を担うプログラマとしての仕事は需要が高く、担い手も少ないことから、転職先としても有望なものとなっている。
その開発言語としてJavaが注目を浴びてきているものの、業界によって様々な開発環境において開発が行われていることから、プログラマとしての幅広い素養が求められることも多い。

しかし、人材不足の影響もあって、現場で主に利用されている開発言語や解発環境における経験のみを要件としている求人募集も多くなってきている。
経験の浅いプログラマであっても、転職により業界入りできるようになってきているのが特徴だ。
実際の現場ではあまり開発経験のない人材も活躍していることも多いのが実態であり、それに着目して未経験者の採用を行う企業も生まれてきてるほどである。

これは、アプリ開発においてはスマートフォンの小さい画面で楽に操作できる仕様を考案することが重要だからであり、それをプログラム上で実現するためには既存の考え方がかえって邪魔になってしまうことがあるからである。
そのため、パソコンのソフトウェア開発に長けている人が、必ずしもすぐに活躍できるとは限らないということは心構えとして持たなければならない点となっている。

また、主要なOSであるiOSとandroidの間でもボタンの違い等の微妙な差異があり、その違いによってプログラミングの考え方を切り替えなければならず、柔軟な考え方を持って仕事に取り組むことが重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です